鹿島土手クラブ

J開始以来、鹿島アントラーズの土手で練習を見守るおっちゃんの何でもありのブログ

6.30 鹿島 1-3 神戸 結果は厳しい

ゲームを作り、得点もする。そんなユウマが抜けたら全員が力を合わせ、ベクトルを一致させて神戸を圧倒する。そんな自分勝手な夢を描いたが、その夢が維持している時間はそれほど長くはなかった。

 

開始早々の8分。名古の蹴ったCKがチャブリッチの頭をめがけてやや速めの弧を描きチャヴリッチが右サイドのネットを揺らした時は、なんだか正夢かもと思ったものでした。

 

続いて前線に飛び出した名古に渡ったパスを名古がマイナスに折り返し、チャブリッチがパチンと当てて流し込んだシュート。惜しくもゴールポスト脇に外れたが「いいかも?」と思わせた瞬間でもありました。

 

しかし・・・それから数分。左サイドに大きく蹴られたサイドチェンジを武藤が先にトラップし、そのまま運んでゴールしてしまった。僅かにオフサイトではないかと期待したが、安西が残っていた。安西は武藤への対応も含めどうも疲労が抜けていないんじゃないかと思わせるシーンが何度かあった。

 

安西へパスを回しても多くはそのままCBへ戻り、攻撃の起点にならず、たまにチャレンジしてもボールを失う。そんな印象なのだ。

 

安西と関川という左の守備が毎回なんらかの失点に絡む。逆転弾はその関川の中央でのクリアが腿に当たり、目の前へいたマテウスへの絶好のパスになってしまうし、マテウスが蹴ったボールに首をすくめてしまった。

 

得点の可能性がチャヴリッチに絞られるなかで、何度かいいパスが入り、惜しいシュートが上述も含め合計3度あった。ひとつでも入っていれば局面も変わっただろう。

 

終盤にはそのチャヴリッチに代わり、垣田が入ったし、土居も入ったがチャンスらしいチャンスは生まれず、苦い敗戦になってしまった。土居はこのまま落ちていくのだろうか。

 

後半の早い時間で入ったガクが濃野への一発のロングパスでチャンスを作っていたが、2016年のR.マドリードとの対戦で見せたガクとショーマの阿吽の呼吸をもう一度ピッチの中で見たいと思うオレは過去に夢を追う埋もれた老人なのだろうか。

 

それにしても結果は厳しい。町田がG大阪を下し、更に勝ち点を離された。落ちていくか、食らいついていくか。正念場が始まる。

 

プライバシーポリシー:当サイトへのコメントについては管理人である土手がその内容を確認し、不適切と判断した場合は削除する事があります。又、繰り返される場合はコメントを拒否する場合があります。不適切と判断する基準は以下となります。①特定の人や団体を誹謗中傷するもの。②わいせつな内容を含むもの。③他の個人や団体のHPやブログの宣伝を主とするもの④その他、管理人によって掲載すべきでないと判断されたもの。 現在、Googleアドセンスの取得を申請中ですが、取得出来た場合は、当サイトに掲載される広告は、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用します。広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません)を使用することがあります。 当サイトが使用する予定のアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用します。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用します。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、必要な場合はお使いのブラウザの設定をご確認ください。