鹿島土手クラブ

J開始以来、鹿島アントラーズの土手で練習を見守るおっちゃんの何でもありのブログ

6.22 鹿島 2-2 浦和 あのFKは仕方がない・・・

時々、何も書きたくない試合がある。今日はそういう試合の一つになってしまった。

前半でユウマの2ゴールで2-0のリード。今日の浦和であれば、もう一点位追加して、あの煩いレッズサポを沈黙させよう。

 

そんな気持ちで見ていたのに後半30分過ぎに交代で入ってきた武田英寿という選手のファーストタッチで決められた。ゴールライン深くから折り返されたボールはぽっかり空いた中央に転がり、パチンと合わされてのシュート。中央を守った早川とその脇にいた植田。そして必死に足を出す関川。ボールはいずれにも防がれることなくネットに突き刺さった。

 

それまでのレッズ選手の最後の精度の無さや、早川のスーパーセーブ連発に何となく油断していたのはオレだけだろうか。チャヴリッチが入り、手の届かないところに逃げ切る筈が1点差になりレッズサポのボリュームがアップするというイヤな展開となった。

 

ここで柴崎や樋口が入り、終盤には足の吊ったユウマに代わり藤井も出てきた。フレッシュな選手達が前線からチェイスし、コンパクトさを保ちながらなんとか終わらせてくれるだろうと思ったが、またもや武田英寿という選手のFK一発に沈んだ。

 

既にアディッショナルタイムも2分を過ぎていただろうか。鹿島の右サイドの角度のないところからレッズのFK。レッズ側の高身長の選手も退いた後であれば、まず無事に跳ね返すと思っていたが、完ぺきに裏をかかれてしまった。

 

武田の左足は右前に立つ佐野海舟の更に右上を飛翔し、右ゴールポストすれすれにゴールに飛び込んだのだ。ヘディングの競り合いへの対応を考えていただろう早川もまた意表を突かれ、伸ばした右手は僅かに届かなかった。奇跡のような一発に見えたが武田にしてみればしてやったりの一発であっただろう。

 

試合後にポポビッチ監督はインタビュアーに対し、後半相手のシステムが変わったことは関係ない。自分たちのやるべき前半のようなコンパクトな陣形が緩んだことが大きな要因だったと語った。

 

東京ヴエルディ戦でやってしまった3-0からの同点。そして今日の2-0からの同点。いずれも相手は下位チーム。「勝てる」と思ったとき、どこか緩んでしまう悪癖はないか。もう一度、きっちり点検しないと優勝に手が届かなくなってしまう。

 

ps:首位の町田は0-0で引き分けた。折角、勝ち点で並ぶチャンスであったことを知り、猶更悔しい。次節は水曜日。G大阪(3位)との対戦になるし、町田は神戸(4位)との対戦になる。忙しくなるぞ。

プライバシーポリシー:当サイトへのコメントについては管理人である土手がその内容を確認し、不適切と判断した場合は削除する事があります。又、繰り返される場合はコメントを拒否する場合があります。不適切と判断する基準は以下となります。①特定の人や団体を誹謗中傷するもの。②わいせつな内容を含むもの。③他の個人や団体のHPやブログの宣伝を主とするもの④その他、管理人によって掲載すべきでないと判断されたもの。 現在、Googleアドセンスの取得を申請中ですが、取得出来た場合は、当サイトに掲載される広告は、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用します。広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません)を使用することがあります。 当サイトが使用する予定のアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用します。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用します。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、必要な場合はお使いのブラウザの設定をご確認ください。